キャッシングで一月分の生活費を

キャッシングで一月分の生活費を

専門学生時代、ストレスからか胃潰瘍になってしまったことがありました。そのせいで、アルバイトができずお金がなくなってしまいました。学費を払ってもらっているので親に頼ることはできません。とにかくまずは胃潰瘍を治してしまわないと考え、一月分の生活費(家賃込み)で10万を借りることにしました。

 

当時暮らしていた家の最寄り駅にアコムがあり、専門学校の同級生で利用している人もいたので事前に情報を得ることができました。とりあえずそこで借りることにしました。状況を説明し、またバイトも一時休ませてもらっているだけで元気になったらすぐ復帰できることを伝えたところ、その日のうちに借りることができました。

 

消費者金融でお金を借りたということが余計なストレスになってしまいそうでしたが、最初から利息の説明などもちゃんと受けていたため大丈夫でした。幸い、二週間程休み胃潰瘍も落ち着きバイトにも復帰できたので、翌月の月末にきっちりと返済することができました。

 

銀行系カードローンでキャッシングを利用しました

私は幾つかの消費者金融で借入を繰り返した結果、年収の1/3以上までしか借入できないことを定めた総量規制にひっかかってしまいました。そこでネットで色々調べてみたところ銀行系カードローンは総量規制の対象外で、キャッシングできることが判明しました。

 

少しお金が必要だった私は、あらゆる銀行系カードローンの中から新生銀行レイクを選びました。レイクは以前まで消費者金融だったらしいですが、今は違いました。レイクの公式HPにある申し込みフォームより情報を入力しました。それから近所の自動契約機に行き、自動音声に従い、在籍確認が取れ次第借入できることができました。おおよそ30分前後で終了したので助かりました。

 

またレイクは初めての借入の場合は5万円以下に限り180日間無利息サービスがあったので、3万円しか借入しなかった私は、1円すら多く返済せずに済みました。コンビニのATMで借入返済ができるので、多忙のときでも非常に便利に利用することができています。